タグ別アーカイブ: てしごと笑店

消費税増税やら色々と下半期スタート

こんばんは!笑顔職人&コーチのミロどんです。今日から消費税が10%に増税になり、消費の落ち込みを抑える策として軽減税率が導入されて、複雑な時代に突入でもある。消費税対策で軽減税率が導入されるのは初めてなんです。またキャッシュレスで購入の場合はポイント還元も謳われていますが、このポイント還元策は来年の6月までなんですよ。なかなかうまい話は続かないものですな。

そして今日は先月1日の朝、14歳11ヶ月の寿命を終えて空に旅立った愛犬の初めて迎える月命日。妻と二人で朝から涙して、一緒に暮らしてからの時間を振り返りながら、何も手を付けずにただただひたすら、悲しみの時間を過ごしていました。いつまでも悲しんでいたらワンコも空から不安になるだろうから、昼過ぎくらいから気持ちを少しずつ切り替えて、妻もおらも今は普段通り、各々の時間を楽しく過ごしています。

気がつけば、仕事の上では下半期のスタートですね。お恥ずかしい話、てしごと笑店 大樹に看板を変えてから、ハンドメイドという作品作りの過程で二人して壁にぶつかって、少し距離を置こうとあえて仕事と捉えることなく、自然に気持ちが向かう時が必ず来ると思いながら、ゆっくりと時間を過ごしてきた訳ですが、二人共、同じ目標に到達しました。

ハンドメイド作品で売れるものを作ろう!とこれは当たり前かもしれないけれど、100均などで購入できるアイテムのクオリティーの高さが今もなお進化している中で売ろうと言うことに固執していたらダメじゃん!と。やっぱりさ、何をするにしても楽しさを細く長く継続することがこれからの時間を過ごす意味でも、忘れてはいけないことだね、なんて話して売れるものを作ろうと言う意識をこう変えました。

ハンドメイドを楽しもう!

いつしかこのキーワードを二人して気がつけば売れるものを作るに置き換わって、気がつけば作品を作るどころか、負担という二文字がずっしりと伸し掛かって来て、気がつけば今日の下半期のスタートを迎えました。妻は快適生活の実践を楽しみながら取り組んでいる。おらはその影響を受けながらも、動いては少しオンラインショップの運営や、ネットワーク環境の改善で、Appleのサポートが終わったということで、AirMac Time CapsuleをNASとして活用するために、増税前に無線LANルーターを購入して本日、届きました。

明日はネットワークの環境整備で終わりそう。合わせて、アトリエで初めて作品を作った時の喜びやDIYで作った菱目打ちを眺めながら、てしごと笑店 大樹の下半期をゆっくりとスタートさせていきますね。

どんな形で、オンラインショップやこのブログで作品を紹介していくか?今は素直に楽しみなんです。この感覚を忘れることなく自分たちのペースで時間を過ごして行くとします。オンラインショップはこちらです!

てしごと笑店 大樹 By BASE

てしごと笑店 大樹ブログと合わせて上記ショップとも細く長くお付き合いよろしくお願いします。

さて、今日はコーチのおらから1つ質問です。正解はみなさん自身の答えです。究極の選択かもしれないですが、どちらが大切かを選んで見てください。

1.今までの時間 2.これからの時間

さて、皆さんはどちらを選びましたか?おらは・・・

2.これからの時間  です。きっとどちらもという答えもあるでしょう。もちろんそれも答えです。まずはどちらを選ぶかを考えてみてくださいね。

ワンコが教えてくれたモノの見方。いろんな方向から観察してみよう!

ブログランキングに参加しています。
クリックで応援していただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ   

広告

快適生活を手に入れる

お久しぶりです!笑顔職人&心理カウンセラーのひなたぼっこです。

最近よく耳にする「ミニマリスト」「ミニマリズム」「手放し作業」などについて今日は書きたいと思います。前回UPした「ワークライフバランス≒ワークワークバランス」の続編は、また近いうちに書きます。

やましたひでこさんが著作権を取られた「断捨離」という言葉が変化して、いろいろな言葉たちが出てきていますが、私は「快適生活」「モノ・コト手放し作業」「ミニマリスト」という言葉を使っています。

これは私なりの解釈で、まずは手放し作業をして快適生活を手に入れ、ゆくゆくはミニマリストを目指すというもの。具体的にこれまでしてきた手放し作業と、そうすることによって得た快適生活について、振り返ってみようと思います。

1.「モノ・コト手放し作業」

モノを手放すイメージはあなたにも想像がつくと思います。いわゆるモノへの執着を捨てるということですね。

古くなったものや壊れたものはもちろん手放します。他に大切なのがここ1〜2年使っていないモノ・あるということだけで満足しているモノ・処分に困っているモノ(友人からの手紙(十数年も経過したもの)や何年分もの年賀状、過去に大切にしていた資料や時代遅れになってしまった教科書など)こういったモノを潔く手放しました。

ごめんなさいして手放したり、買取りできるものは買い取ってもらったり、個人情報満載のものはシュレッターで処分したり。。。

この時大切なのが、できるだけ頭の冴えている午前中に最初はとりかかることをお勧めします。何故なら、手放すということは、自分で取捨選択という決断を素早くするという訓練にもなるからです。

それらをまずは、日常見えているところから始めます。特に居間や寝室などです。そうすることにより、目に見えてモノがスッキリしていくことに達成感を得られるからです。いきなりクローゼットから。。。というのはレベルが高いと私は感じました。

次にコトへの執着を捨てるということについてです。

これはなかなか想像しがたいことだと思います。例えば思考。「どうせ〜だから」「じぶんがしなくても・・・」などの、思い込みや思考の癖、もっと言うならば認知の仕方の執着を捨てることです。

容易なことではありません。ただひとつの物事のとらえ方をいろいろな角度からみてみるということです。

また、人間関係の執着も同じです。顔を合わせることに気が重たくなるような友人はいませんか?昼食を一緒にしたくもない同僚や先輩・上司はいませんか?付き合いたくもない飲み会に参加することはありませんか?

もちろん人間関係を円滑にしたいからコミュニケーションも大切です。でも考えてみてください。仕事は円滑に進め実績を出せばいいこと。

自分の気分を害するほどの外でのお付き合いが、あなたにとってプラスになりますか?その時間を自分時間や家族と過ごす貴重な時間と置き換えたらどちらがあなたにとって有意義に過ごせますか?

長文になってしまったので、次回こそ続きの2.快適主義者とは?から書きたいと思います。

日常に戻る

こんにちは!笑顔職人&コーチのミロどんです。関東圏を直撃した台風15号。被害も出ているようですね。心よりお見舞い申し上げます。また台風一過で晴天になったものの、最高気温が35度を超えてるところもあると聞きます。台風で眠れない夜を過ごして、疲れているところに残暑で身体もついていくのがやっとと思います。熱中症に十分気をつけてくださいね。北海道もなまら暑いです。札幌も真夏日になっており、いつになったら本来の涼しい秋になるんだろう思うこの頃。

ワンコも亡くなって一昨日初七日を無事に済ませて、妻もおらもようやく笑顔で過ごす時間が増えてきています。少しずつですが日常に戻ってきています。

さて、今日のタイトルにある「日常」とはですが、この言葉の意味は「つねひごろ」、「ふだん」、「平生(へいぜい)」とあります。つねひごろやふだんということは使ったことがあるともいます。「平生(へいぜい)」はどうでしょう?おらも知ってはいたけれど、お恥ずかしい話、使った記憶がないです(^_^;)

漢字をみると「平」に「生きる」。いろいろなことが多い昨今。山あり谷ありでも必ず平坦なところがある。登っても下っていても気持ちの何処かでその風景を楽しむ余裕があれば、山あり谷ありも「平生(へいぜい)」と捉えることができるでしょうね。

今回の台風を含む自然災害はものを壊し、大切な命を奪うことが多い。その体験から日常を取り戻すということは、簡単なことではありません。もちろん一人の力ではどうにもならないことも多い。ただ、これだけは言えます。すべて元に戻すことは悲しいかなできないことの方が多い。その厳しくも悲しい時間を過ごす中で個人差はあると思いますが、気がつけばまた新たな時間を過ごしている。

その姿に勇気をもらい、自分も頑張らないと!今度は自分が笑顔になるんだ!など各々のスピードで各々の新しい時間をスタートさせる。スタートに遅い早い、頑張りに基準はない。自分のペースで良いんです。

日常に戻る。つねひごろ気をつけてること。ふだん何気なく行っている行動。そこに気がつけば、必ず「平生(へいぜい)」になるのかなとおらは思っています。

今は妻と二人で笑顔になって、「てしごと笑店 大樹」のリスタートを目指してハンドメイドの作業部屋も片付けに入っています。涼しい秋が訪れる頃には自分たちのペースで店を楽しみながら切り盛りしてると思います。

日常に戻る。日常とはあなたにとってどのような形ですか?

ブログランキングに参加しています。
クリックで応援していただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ