カテゴリー別アーカイブ: てづくり笑店大樹

不安を消すヒントと心の疲労度を確認するヒント

おはようございます。笑顔職人のミロどんです。涼しくなってきたと同時に今日から小中学校は2学期のスタート。夏休みの宿題は終わっているんですかね?学生だけでなく大人もお盆休みの疲れもあり、お盆休み明けの準備という宿題は大丈夫ですか?

そこで今日はコーチでもあるミロどんが記事のタイトルにもあるワンポイントアドバイスを紹介しますね。

まずは不安を消すヒント。ズバリ「先のことを考えない!今できることに集中」

不安は本当のところ消えないものです。消そうとしても次から生まれてくるもの。この不安はむしろ生きるための力とも言われているんです。起きてもいないことを考えて不安になることが多い。いろんな手法があるけれど、不安と思ったら雑念と考えて今できることをコツコツこなしていこう!

次は心の疲労度です。どうやって確認するのか?心の疲労度は体の不調やストレス、人間関係など様々な要因が重なって出てくることが多い。そこで車のスピードメーターに心の疲労度を当てはめてみましょう。

心が疲れている≠スピードメーターは「0」ではなく、スピードメーターのレッドゾーンに入っていると捉えましょう。以下にして自分の中の遵守速度を維持できるか?休むときは徐行(メーターでいうと10km/h以下です)がベストでしょうね。たのしいときもはむしろスピードメーターは上がっていくでしょう。同じ上がるでもストレスで上がるのは避けたいところですよね。

そんな時は少しでも速度を落とす自分なりのクールダウン法を見つけることです。例えば、大きな声を出して気持ちを吐き出すとか、今日頑張った自分へのご褒美をプレゼントするとか、いろいろあると思います。

車も同じようにスピードメーターが上がれば上がるほど車の状態は不安定になり制御が難しくなる。一歩間違えば大きな事故になりかねない。心のスピードメーターも同じです。

今の不安を一瞬でもリセってして、心のスピードメーターを確認して、お盆休み明けの週明けのスタートを笑顔で切ってくださいね。

ブログランキングに参加しています。
クリックで応援していただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

広告

Lenovo ThinkPad E450をウィンドウズ10からChromium OSに変更!

こんにちは!笑顔職人のミロどんです。先週中頃からの暑さに妻もワンコと3人揃って参ってましたが昨夜からの涼しさに救われて、少しずつ元気が戻って来た我が家。

さてさて先日ブログで書いた記事

我が家のWindowsPCChromebookに!

ですが、本日、Lenovo ThinkPad E450をWindowsからChromium OSに積み替えました。

手順としては

  1. ハードディスクのデータのバックアップ
  2. Windows10のインストールメディア(USBフラッシュメモリ)作成
  3. Chromium OSの入れたUSBを起動ディスク選択でChromium OS
  4. 起動後Chromium OSをハードディスクにインストール
  5. インストール後 電源を入れると数秒でChromium OSが起動

当初はSSDに変えてからにしようかなと思ったけれど、HDDでどうかを見てからにしようと思い思い切ってHDDにインストールしました。結果は大満足。起動もものの数秒で起動。スリープからの起動は瞬間と思うくらいの速さです。

スペック的にはメモリーは4GB でHDD500GBのままで全然ストレスなく使えてます。日本語入力システムもGoogle IMEがすぐ使えるし、いまもインストールしたChromium OSからWordPressでブログを書いています。ようやくマルチタスクが大の苦手な我が家のパソコンがこの夏、物凄いバージョンアップして生まれ変わってChromebookとなりました!

しばらくは少し使い慣れていきながら将来的にはSSDに変えて行こうと思う。中古で買ったパソコンは新品のように使えるのは物凄いエコですね。ちなみに費用はUSBメモリースティック代の1980円だけですみました。

 

ブログランキングに参加しています。
クリックで応援していただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

ワークライフバランス≒ワークワークバランス

おはようございます(*^ω^*)大樹(DAIJU)笑顔職人のひなたぼっこです。

まずは昨日、とても残虐で悲惨な事件がありました。平成以降最悪の事件になったそうで、被害にあった皆様に心よりお見舞い申し上げるとともに、亡くなられた方々とご家族の皆様には、心よりお悔やみ申し上げます。

怨恨の可能性も言われている中、大なり小なり働き方というものも見直さなければならないのでは?と、常に感じています。

働き方改革により、残業なし(定時に照明を消すなど)、有休消化、育休や介護による休みを取りやすく…とは言われていますよね。表面上は確かにとても聞こえが良くて、やっと日本も!とは思っていましたが、実際の現場ではなかなか環境整備が、本当の意味で制度についていかずに、ホワイト企業&ブラック企業という言葉も、いろいろなシーンで使われています。

さて、今日はすでに古い言葉となっている「ワークライフバランス」について考えていきたいと思います。

1) 本当の意味のワークライフバランスとは?

ワークライフバランスはもう随分と前から言われ続けているので、ご承知の方も多くいらっしゃると思います。

直訳すれば「仕事と私生活のバランス」となりますね。

仕事≧私生活でも、仕事≦私生活でも、メンタルバランスは取ることができません。それは本人のみならず、家族もです。

働き方改革が施行されてからは、効率的な仕事の進め方に注視され、私生活においても、今の仕事に関連する資格取得の為の勉強や、もっと言えば、仕事を持ち帰って休日も仕事に時間を割かなければならないなどの現場もありますね。

このような現状があるからこそ、「家族サービス」という言葉も存在するのだと私は考えていました。

でも、考えてみてください。

なぜ家族なのにサービスが必要なのですか?不自然だと思いませんか?

2)家族サービスという言葉

今や専業主婦の奥様よりも、男女雇用均等法が浸透しつつある社会の中で(まだ浸透しきっていない会社もありますが)、仕事をしている奥様のほうが増えてきている状態です。

そこで、先ほどの「ワークライフバランス」という言葉の本当の意味を思い出してください。

仕事と私生活が同じ比重であれば、メンタルバランスは取りやすくなることをお伝えしました。

夫婦共働きで子供がいると仮定した場合、家のことはどなたがするのでしょうか?

「そりゃあ、役割的に奥さんでしょう!」と一昔前なら聞こえてきそうですよね?では、子育ては?介護は?これらも全部奥様ですか?共に働き共に生活しているのならば、役割も分け合うことが筋だと思いませんか?

「それさ、カミさんもフルタイムだったらそうかもしれないけれど…」

このような考えがあるから、「オレも手伝うよ」という表現になり、それが「家族サービス」ということになっている方もいらっしゃいませんか?

もちろん、家族みんなで外食したり旅行に行ったりと、非日常的な空間を楽しむということも多く含まれていますね。

3) 家事も立派なワークです

家事、育児、介護、病気の付き添いなども、立派なワークです。

先ほどの考え方のままだと、共働きの奥様の場合、もしくは家事のメインが旦那様の場合、ズバリ私が考えるに、「ワークワークバランス」になっていると言えます。

「ワークワークバランス」⁇ 聞いたことがないですね。

つまりは、自分の時間が全くないような状態のことを、私は指したいのです。

想像してみてください。あなたならメンタル状態はどうなりますか?

あなたの人生はこのままだと思っているのでしょうか?

心身ともに疲れ果ててしまうのは、どなたでも明確にわかることだと思います。

これが、まさか「当たり前」と思う方はいらっしゃらないことを願います。

それでは、ワークライフバランスを夫婦共に楽しんでいくためには、どうしたらいいと思われますか?

この続きは、また次回のブログ記事にて…。

長文となりましたが、最後まで読んでいただき、ありがとうございます。