スマホのミニマリズム化

こんばんは!コーチのミロどんです。週明けは最高気温が二桁気温の札幌。木曜日までは二桁で最高気温が推移するようですが、金曜日から最高気温がはひと桁気温の2℃。木曜日の夜から大荒れの天気になりそう。今シーズン最初の爆弾低気圧に近いものが北海道上空を通過するみたい。来るなら来い。いやできるならばお手柔らかにと願っているおらです。

さてさて、今日、IT関連のニュースを見たときにこんなニュースに出会いました。引用記事は ギズモード・ジャパン さんからのものです。

カードサイズスマホLight Phone2ハンズオン:つながっていることに疲れたひと向けスマホ

 

docomoからカードケイタイが発売になり、今後どう展開していくのかと思っていたおらですが、同じカードサイズでも携帯と呼ばず『カードサイズスマホ Light Phone2』と読んでいます。詳細については上記引用記事リンクをクリックして読んでいただけたらと思います。

LightPhone自体は40000円弱と決して安くはない。むしろコスパに優れたスマホの選択肢が増えてきてる現在。選び方の1つとして比較という意味ではLightPhoneは有効なデバイスかもしれない。おらもスマホは使っていますが、使うアプリしか端末には入れていない。もっと言えばプリインストールアプリで事足りている。それでもって、月の維持費は妻も同じ端末でUQモバイルと契約して、3000円弱。

データ通信はほとんど使うことなく、翌月に繰り越す形。その維持費の中で流石におら自身はLightPhoneにすぐ手を出そうとは思わない。通信費のミニマリズム化をしてようやく、経費が浮きプラスになってきている。必要最低限の情報量で外では過ごしている。いわゆる縛られることなく過ごすことができる。

LightPhoneに関しては、無駄を省きそして時間を作り時間に集中するというイメージが感じられる。家に変えれば、タブレットやPCで事足りるという内容も書かれています。今後はLightPhoneは音楽も聞けるようになるという話も書かれています。電話・Message・アラームこの3つがコンセプト。日本で言えばガラケーでいいじゃんという意見もあるでしょう。

スマホの世界にもミニマリズムの波が押し寄せてきてますが、もしおらがLightPhoneを購入するとなったら、どういう位置づけにするか?きっと今のスマホのサブ機として捉えると思う。自然災害が多い昨今、命を守る確かな情報は必要。ガラケーに関して言えば、今後、どのような扱いになってくるかは微妙なライン。

スマホの捉え方は人それぞれ。むしろ容量不足を訴えるのであれば、アプリのミニマム化。写真などのデーターはクラウド若しくは記憶媒体へのバックアップ。そう考えていくと、そんなにでかい容量のスマホは要らないという流れにもなってくる。

今回の記事は、賛否両論あると思いますが、スマホ自体のミニマリズム化に関して言えば、ガラケーがもしかすると姿を消す時が来るかもしれない。そんなときに、LightPhoneの様なスマホがあれば、嬉しい存在になるのかもしれないですね。もしかすると、日本の技術をもってまたガラケーに原点回帰している時代がそこまで来ていたりと考えるのもこれまたワクワクしてきますね。

Indigogo JP

ブログランキングに参加しています。
クリックで応援していただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中