5分前行動…懐かしい響き

おはようございます。コーチのミロどんです。いよいよ札幌の手稲山初冠雪の頼りが来ました。平地でも雪が降るのは時間の問題です。この季節のは灯油代からクリスマス、年末と色々な形で財布からお金が飛んでいくぅ〜。計画的にと思っていても毎年の事なんですが出るものはでる。せめて楽しい時間を少しでも多く過ごしたいものですね。

さてさて、とある小学生のテストにおける出発時間の答えが話題になっていますがおらも小学校から社会人になっても一貫して言われてきたのが、集合時間や出発など、何かに合わせて行動する時、決められた時間の5分前までに準備、もしくは間に合わせると叩き込まれて、今に至っています。

今の世界は5分前に始まったとか、この話5分前にしたよね、など5分前と例えられることが多い。就活の時、面接時間の5分前に着くようになんて言われることもありますよね。

おらは待ち合わせの時は、その時間より早く着くことが多い。もちろん待たせることを避ける意味でもありますが、なんかその場所に早く付いて町並みや空を眺めたり、お店の看板の色使いをみて、その店の特徴と結びつけたりして、たまにそれに没頭しすぎて、ギリギリになったこともあります(^_^;)

確かに時間に拘っていると、縛られ感が強いのも時間の特徴です。常に余裕をもってというのは、なにか起きたときに冷静に対応できるようにという教えもありますよね。その余裕がどのくらいあればいいのか?そこがポイントでしょうね。

5分前から逆算して、準備をして間に合わせる。5W1HまたはTPOに当てはめて行動を起こすのも、ひとつ基準になると思いますよ。意外と5分前になにかを完了させた時、5分後に始まる何かについて準備できるものです。そして5分という時間の長さを体感できるものです。わかりやすい所でいくと、自分の好きな曲を一曲聴くこともできる。

妻のひなたぼっこはどちらかというとおらとは真逆でゆとりで行動して、あぁ〜間に合うかな〜と口にし、だからもっと早くから準備したらいいのに!とおらによく言われます(^_^;)またこれも彼女の価値観なんだとおら自身は受け入れできています。

5分前行動が良いのか悪いのか?むしろその数字が正しいのか?間違っているのか?そこは自ら率先して体感して感じ取っていくものだと思います。強いて言えば

ゆとりを持って行動!

ですね。

ブログランキングに参加しています。
クリックで応援していただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中