作業服店イメージの変化

こんにちは!コーチのミロどんです。今週の天気予報をみると雪マークが水曜日から付き始めた北海道は札幌。ストーブをつけても部屋の温度がなかなか上がりずらくなってきましたよ。

今日は、今入院中の妻のひなたぼっこが外泊で帰ってきてるので、予約していた本『完全版 ピーナッツ全集 スヌーピー1950~2000』が2冊づつ創刊され、最初の入荷があったと連絡があり、SNOOPYファンの妻への1年かけてのプレゼントという事で散歩がてら受け取りに行ってきました。内容についてはリンクを貼ってるので書名をクリックして見てくださいね。

二冊の重さはズッシリとくるもので、妻の笑顔も入院したての頃よりいきいきとして見てるおらも素直に嬉しい瞬間でした。その後は散歩をしながら夫婦揃って気になっていた作業服店『XEBEC』に足を運んで見ました。というのは最近の作業服店のイメージの変化が色々な場面で取り上げられ、なかでも『ワークマン』の話題は結構見かけます。うちの近くにはないので、XEBECに行ってきました。

妻は散歩がてら覗いてきたこともあり、気に入った帽子があるということで、おらも技術職に付いていたときも、DIYでもつかう工具など見る機会が多く非常に楽しみでした。そこでビックリしたのは工具はもちろんほぼ見てるものが並んでいましたが、作業服の豊富さと作り、そして価格!でした。

確かにファッション性を念頭に考えたときに、全てそこで賄えるかというとそれは価値観の違いがあると思いますが、特にこの季節は寒さ対策が必需になってくる。カーゴパンツひとつとっても、防寒対策、ストレッチ素材、履きやすさなど、機動力を損なうものはなく、このカーゴパンツを街中で買おうと思うと価格はひと桁ちがう。その価格で、作業服店で2〜3本買えるとなると、物凄い財布に優しく、服装も楽しめる。思わずあれもこれもと買いたくなったのは事実ですが、そこはミニマリストの妻とジックリ吟味の上、お互いの冬のあったか帽子とおらはフード付きの暖か純綿ベストを購入。

噂には聞いていた進化する作業服店で新たな価値観が生まれた瞬間でもありました。いろいろと夫婦揃って次なるお目当てのものを選んで今日は帰宅。3時間10000歩の散歩になりましたが、SNOOPYの初回の本を受けとった妻の笑顔と作業服店の新たな価値観が生まれたことは素直に嬉しい。

皆さんの家の近くに作業服店があったら、一度、足を運んでみてください。有名ブランドの存在も確かに必要なのかなと思います。UNIQLOGUファッションセンターしまむらと合わせて作業服店とのコラボももしかすると自分だけの服装を楽しめるかもしれないですね。

クリスマスプレゼントとして考えるのも楽しい時間になると思いますよ。

ブログランキングに参加しています。
クリックで応援していただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中